オーストラリアでの生活を身近に感じてもらえる情報をアップデートしていきます


by sisydney
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:海外生活( 5 )

Lawn Bowling

皆様、明けましておめでとうございます。

本当に不精な私はアップをおろそかにしていてごめんなさい。

今年のシドニーは夏なのに夏らしくないちょっと涼しい夏。土曜日は久々にいい青空のもと、イギリス人の友達Cのご両親来豪記念LawnBowlingに10人ほどでいってきました。海の真横にあるボーリング場。いわゆる私たちの知っているボーリングではなくてこちらは主にイギリス連邦地域で盛んな屋外でするボーリング。ボールは左右で重さがことなっていて重いほうを手の内側にして的のジャックと呼ばれる白い玉にいかに近く投げられるかというもの。ボールを転がすと弓なりに弧を描きながらジャックに近づいていきます。最終的にジャックに近いチームのボールがいくつあるかで得点が決まります。

こちらでは日本で言うゲートボール的存在でおじいちゃん、おばあちゃんの社交場となっているスポーツ。でも最近は週末に若者たちが楽しむ姿がとっても多く見られます。と、いうのも少し前になるけれどこちらでLawn Bowling を題材にした映画(Crackerjack-2002)a0046017_9143040.jpgが製作されたことで若者にもその存在感が浸透したこと。さらにそれぞれの地域にあるクラブではとっても安くお酒も飲めるから。昼間から3ドルくらいでビールを片手にボールを投げる。これ最高です。

調子にのって私たちは昼から6時くらいまでBBQなどしながら遊んでいたら家にかえってびっくり!すごい日焼け。さらに黒くなってしまってますます日本の美白世界から遠のいてしまった・・・

その後は私は別の友達と合流してお気に入りの中華料理のお店:金福( Kam Fook)へ。スポーツに食事にとっても充実した土曜日でした。
[PR]
by sisydney | 2007-01-06 15:00 | 海外生活
オーストラリアに渡ってもうすぐ4年目。今ではすっかりこちらのライフスタイルに自分が同化しているけれどそれでもときどき6時半くらいまで仕事をしていると気づく・・・あれオフィスに誰もいない!!

そう5時くらいから人は消え始め・・・6時には大体誰もいない(もちろん例外もあるけれど)。それは金融業界だからといったわけではなくてオーストラリア全般。日本だったら仕事が終わって銀座でお買い物~なんていうOL生活もあったけれどこちらは仕事が終わるころにはデパートもしまっているのでそんなことはできない。街はそれぞれの家路を急ぐ人々で6時半くらいまで賑やか。そしてそのあとはしーんとした光景が広がる。だからレストランも中華街とかオペラハウス周辺など観光客が集まる地域に偏ってしまう。

はじめこの事情を知ったときとまどった。本当にこの国の人はいつ働いているの?と首をかしげたものだ。平日たまに休みだったりするとどこへいっても人がいるし、パブで朝からビールを友達と楽しそうに飲んでいたりする人がいたりする。そんな光景も今では気にもならないが、やっぱりワークライフバランス重視のこのメンタリティーは日本ではありえない話。

最近のある調査でオーストラリアは"豊かな国”第2位というのを読んだ。これはGDPとかでの比較ではなく単純に"暮らしの環境"を調査したもの。ちなみに日本はアメリカの次で10-12位のどこかに位置していた。たしかに東京や世界の大都市を比較してもシドニーはオーストラリア最大の都市であり、世界でも名だたる都市のひとつ。その中においてビーチやたくさんの緑に囲まれたこの街はやはりその所以ありといえるだろう。そしてその魅力を十分に楽しむことを知っている人々がいてさらにその付加価値が高められているように思える。
[PR]
by sisydney | 2006-02-03 12:00 | 海外生活

Happy New Year!!

リーダーのみなさんあけましておめでとうございます。旅行やらパーティーやらが続いた12月はすっかりアップデートも遅れてしまいたくさん書きたいことはあるけれどまずは新年のご挨拶から。今年はもっとローカルならではの情報をたくさん書けたらいいなあと思っています。何か要望などあったらぜひコメントくださいね。

今年の大晦日は友人宅のハーバーブリッジが真正面に見えるRosebayの豪邸でのパーティー。シドニーの大晦日も4回目。ちょっと今年はクラブに行く気分でもなくもっとリラックスしながら楽しみたかったのでこのご招待はとってもありがたかった。そのお宅はRosebayでも最高の立地条件。New south head road というメインの通りからすぐ入ったとおりはかなり急な坂道。知る人ぞ知るスポットらしくみんなその坂道にビニールシートをしいて、ピザを注文したりしてカウントダウンを待っている。そんな中私と友達はちょっといい気分になりつつそのお宅へ吸い込まれていく。玄関を入ってリビングにでると窓いっぱいにバルコニー。すごい!の一言

シドニーでは12時の花火がとっても有名。でも子供たちのために12時の前に9時にも花火が上がるのをみなさんは知っていますか?規模は気持ち小さいけれどちゃんとハーバーブリッジから大きな花火があがるのでちびっ子連れの家族はこれがメインになるらしい。9時の花火であと3時間という気持ちがますます盛り上がり、パーティーは高揚していく。私たちは船着場とテニスコートがあるという一番したの快適なスポットへ移動。こんな素敵な場所にテニスコートまでついているなんて本当にすごいなあと思った。ボールが海に落ちないように移動式のネットがかけてある。今夜の場合酔っ払い落下防止柵のような役割になっていたかもしれない・・・ 芝のテニスコートに座ってみんなでワイワイ、そんなこんなしていると・・・ ドドーン!!!

きれいな花火がどんどん上がってくる。

a0046017_753681.jpg今年のテーマは“愛”ということでハーバーブリッジの真ん中に大きなハートのライトが点灯。9時の花火が終わってから心臓の鼓動のように“ドクンドクン”と赤くライトが点滅していたのが12時を過ぎて色とりどりの光を放つ。そして周りではみんな口々に“ハッピーニューイアー!”が飛び交い新年を迎えたのでした。
[PR]
by sisydney | 2006-01-03 07:13 | 海外生活

Trivia Night

たまに平日の夜友達と集って楽しむのがTRIVIA。簡単に言うと"クイズ大会"。

久しぶりにこれを口実に仲間を呼び出し仕事の疲れをみんなで吹き飛ばす。それ自体は少なくともオーストラリアでは(他の国はよく知りませんが・・・)毎日違うBar(こちらではHOTEL)で開催されていてそれぞれに難易度も賞金(もしくは賞品)も違っている。それ故に本当に好きな人は毎日違うところに出没するらしい。クイズの内容はもちろんオーストラリアに根ざしたものが多いがジャンルは地理・音楽・歴史・スポーツなど幅広くかなりの雑学知識が必要。たまに日本関連のネタがあれば別だが私はあまり答えた記憶がないかも。でもみんなで頭を寄せあってひそひそと回答について話し合ったりするのは楽しい。

大人になってみて始めて思ったのが仕事を除くとスポーツでチームに属してでもいない限り大人数人が集まって何かを達成するために一丸となって頑張るなんてことがあまりないってこと。ちょっと寂しい。だからトリビアでみんなが一つになるのがさらに楽しいのかも。もちろん優勝してビールタダ飲みを夢見る酒好きも多いのも確かだけど・・・この前言ったところは実はご飯もおいしかった。ひっそりとWolloomoolooの住宅街に建つOld Fitzroy Hotel

LAKSA(シンガポールのスープ麺)は絶品。シドニーに来て以来食べているけれどココナッツミルクの加減が悪くよく胃にもたれることがあるけれどここのはすごくバランスがとれていておいしかった。もしシドニーにくるチャンスがある人はぜひこのLAKSAとTRIVIAを楽しみに行ってみてはいかが???
[PR]
by sisydney | 2005-11-15 20:18 | 海外生活

シドニーに酔いしれる

今宵はKIRRIBILLIというオペラハウスのちょうど向かい側に住む友人の招待をうけ、ワイン片手にディナーをごちそうに。今夜のメニューはトマトと夏野菜の冷静スープ,チキンのサラダ,アスパラガスのパルメジャーノグリルそして海老のリゾット。リゾットは招待してくれた友人によると前回失敗したのでレベンジで作りたかったとのこと。野菜のストックからつくるかなり本格的なものでかなりの美味。夜景といい、料理といい5ツ星レストランも顔負けのディナーだった。a0046017_10335281.jpg

料理も最高だったが何よりも酔いしれたのがそこからの眺め夕方はこんな感じでサンセットを楽しみ夜はcityの夜景をワインとともに楽しんだ。“これぞシドニー!”に酔いしれた一夜だった。

サンセットの眺め


a0046017_10421517.jpg

シドニーシティー夜景

a0046017_10432935.jpg

[PR]
by sisydney | 2005-10-23 10:47 | 海外生活