オーストラリアでの生活を身近に感じてもらえる情報をアップデートしていきます


by sisydney
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

オーストラリアに渡ってもうすぐ4年目。今ではすっかりこちらのライフスタイルに自分が同化しているけれどそれでもときどき6時半くらいまで仕事をしていると気づく・・・あれオフィスに誰もいない!!

そう5時くらいから人は消え始め・・・6時には大体誰もいない(もちろん例外もあるけれど)。それは金融業界だからといったわけではなくてオーストラリア全般。日本だったら仕事が終わって銀座でお買い物~なんていうOL生活もあったけれどこちらは仕事が終わるころにはデパートもしまっているのでそんなことはできない。街はそれぞれの家路を急ぐ人々で6時半くらいまで賑やか。そしてそのあとはしーんとした光景が広がる。だからレストランも中華街とかオペラハウス周辺など観光客が集まる地域に偏ってしまう。

はじめこの事情を知ったときとまどった。本当にこの国の人はいつ働いているの?と首をかしげたものだ。平日たまに休みだったりするとどこへいっても人がいるし、パブで朝からビールを友達と楽しそうに飲んでいたりする人がいたりする。そんな光景も今では気にもならないが、やっぱりワークライフバランス重視のこのメンタリティーは日本ではありえない話。

最近のある調査でオーストラリアは"豊かな国”第2位というのを読んだ。これはGDPとかでの比較ではなく単純に"暮らしの環境"を調査したもの。ちなみに日本はアメリカの次で10-12位のどこかに位置していた。たしかに東京や世界の大都市を比較してもシドニーはオーストラリア最大の都市であり、世界でも名だたる都市のひとつ。その中においてビーチやたくさんの緑に囲まれたこの街はやはりその所以ありといえるだろう。そしてその魅力を十分に楽しむことを知っている人々がいてさらにその付加価値が高められているように思える。
[PR]
by sisydney | 2006-02-03 12:00 | 海外生活